日本で二番目に生まれた伝統と実績のある予備校。優れた講師陣と担任によるきめ細かな対面指導で、現役合格を実現させます。

合格者の声

TOP > 合格者の声

合格者の声

祝 合格おめでとう! 2019年入試合格者コメント

出口 陽南さん
合格

自分の目指す学部に応じた授業を受けることができ、また、先生の説明もわかりやすかったため、ますます学ぶことが楽しくなりました。出願校を決定する際も、親身になって相談にのっていただき、感謝しています。さらに、土日も一日集中して自習ができる環境も有難かったです。

山内 創介さん
合格

英語のハイレベル授業を受けていました。英文の構造から意味を考えたり、単語の意味を予想する力がつきました。自習できる教室が多く、自分にあったところで自習できたのもよかったです。それと医学部チューターの人たちに質問すると、プラスアルファ教えてくれたりして、助かりました。

丸森 陽南子さん
合格

医学部数学を受講して、長い間平島先生にお世話になりました。先生が早めに面接の対策を薦めてくださり、感謝しています。センターも考慮される方式だったので、苦手な教科を作らないように頑張ってほしいと思います。

峰 杏佳さん
合格

私が壺溪塾に入塾したのは、親切であたたかい進路指導がきっかけでした。まだ塾生でもないにもかかわらず、受験について基本のキから教えて頂き、何時間も私の将来について考えてくださいました。入塾後も親身に、私に合った勉強法や対策を指導していただいたおかげで合格できたと思っています。

乙丸 晴輝さん
合格

壺溪塾には五月に入塾し、早い時期から受験生だという意識をもつことができました。また、マンツーマンで教えてくださった先生方や、進学について真剣に考えて一緒に悩んでくださった先生方、ありがとうございました。

猪島 智美さん
合格

私は数学と化学の講座を受講していました。授業の中で自分の弱いところを把握し、先生に解説してもらうことで、自分ができることが増えていくのを実感していました。自習室も快適な環境で利用することができて良かったです。赤本等の資料も充実していて、有効に活用できました。

藤村 玲花さん
合格

グローバルリーダコース入試は、グループワークや英語による面接など特殊なものが多かったので、壺溪塾で対策できてよかったです。工学部は数学と理科の口頭試問が非常に割合が大きいので、塾の授業を受けて基礎固めをしっかりやっておいた方がいいと思います。

馬場 絵里香さん
合格

西田先生に英検などのスピーキング、ライティングの対策、甲斐先生にエンドレス国語と小論文対策、井上先生に政治、経済の質問、論述対策でお世話になりました。アドバイスが的確でしつこい質問に答えてくださる尊敬する先生方と、互いに切磋琢磨した友人のおかげで挫折を乗り越えることができました。

吉岡 楓子さん
合格

壺溪塾では、受験に必要な対策を全て、エキスパートの先生が見てくださるので困ることは一つもありませんでした。優しい先生方がいてくださって本当に良かったです。志望校は早めに決めることをお勧めします。そして、この大学に行きたい!という強い気持ちがあれば、必ず合格できます。応援しています。

赤星 しいなさん
合格

私は壺溪塾の医療看護系コースで受講した授業のおかげで成績が伸びました。さらに一人一人に担任がつき、数学と英単語を単元別にテストをしていただいたおかげで模試の結果も伸びました。推薦対策講座では面接練習を受講しました。受講したことで英語の文法が理解でき、数学の理解が深まり、現代文の点数を安定して取れるようになりました。また、医療看護系の受験に特化した問題演習を行っていたので受験本番では落ち着いて解くことができました。

先輩からのメッセージ

西田 隼人さん
京都大学(教育学部)合格
平成23年度 八代高校卒業

西田講師は高校生当時、八代から毎日時間をかけて壺溪塾高校ジャンプコースに通塾していた努力が実り、見事、現役で京都大学に合格しました。
壺溪塾との出会いから英語の講師を目指すようになり、学生時代には大学での勉学に加え、京都の中学生・高校生の学習指導に日々励んできました。
2016年4月からは高校ジャンプコースで英語科講師として教鞭をとり、
質問対応や添削指導、そして進路指導でも力を発揮し、多くの生徒を合格へ導いています。
そんな西田講師から高校生の皆さんへ、高校ジャンプコースの先輩としてメッセージが届いています。

自分の受験時代を思い返してみたとき、高校入試と大学入試における学び方の違いを強く感じます。
それは、それぞれ「他律」と「自律」と言えるかも知れません。中学生の頃は学校や塾の先生に与えられた課題を言われた通りにこなし、入試に必要なパターンを暗記する、という具合に作業のような学習を行っていました。また、「質よりも量が重視される」といった印象でした。

ところが、高校に入り大学入試レベルの問題を解く頃には、そのような他律的な学習がうまくいくとは限りません。高校入試に比べ、内容は高度になり、パターンでは網羅しつくせない情報量です。他から律せられ、導いてもらうような学習が徐々に崩壊していきます。
数えきれないパターンを暗記していくよりも、自ら考え、内容をしっかり
理解し、本質を見抜く力量が必要となってくるのです。

壺溪塾はそのような自律的学習を促してくれる塾だと感じます。
高度な知識や思考力をそなえた講師が単なる解法以上のものを提供してくださいました。また、授業時間外も質問することができ、わからないことをそのままにすることはありませんでした。
好奇心の赴くままに学習できたので、今振り返ってみても「受験勉強をした」という感覚はありません。
「自ら学び、結果として合格を勝ち得た」という感じです。
授業や質問の機会を十分に生かし、自ら学び、自ら考える力を身につけられれば、結果はついてきます。 頑張ってください。

pagetop