日本で二番目に生まれた伝統と実績のある予備校  優れた講師と担任によるきめ細かな対面指導の塾

学生寮

TOP > 学生寮

壺溪塾直営寮

実績で選ぼう!

壺溪塾直営寮がこれまで高い実績を誇ってきた背景には、土・日・祝日も含む寮での圧倒的な自習時間の活用があります。壺溪塾の質量共に豊富なカリキュラムを完全に消化するためには、予習・復習・問題演習などに自分で取り組む時間を充分に確保する必要があります。その点、寮で提供される朝と夜の自習時間には圧倒的なボリュームがあり、寮監が見守るなか、集中する寮生の姿には、気迫と真剣さが窺えます。この理想的な自習環境が毎年の寮生の優れた実績を生み出すのです。

寮生の成績の伸び 寮生の進学実績

寮監からのメッセージ

これから新しく始まる壺溪塾の寮生活、親元を離れての生活で不安や悩みもあると思います。この壺溪塾直営寮では、「礼儀」「コミュニケーション」「協調性」を大切に、寮生活を完全サポートしております。私達寮監は、寮生が勉学の面でも人間的にも全塾生のお手本となってほしいという思いで温かく厳しく接していきます。皆さんと一緒に絆を深め合いながら、最終目標である大学へ送り出すお手伝いを寮監一同、一丸となって行っていきます。皆さんの入寮を心からお待ちしております。

壺溪塾 直営寮寮監長 外口一仁

寮生の一日の生活

6:30~7:00 起床

今朝も爽やかな目覚め!寮生の朝は早いです。

7:00〜7:50 登塾

朝7時から壺溪塾のホームルームでの早朝自習を
奨励します。

17:00 帰寮

寮生は一旦この時間までに帰寮します。

20:00〜23:15 必修自習

テーブルと椅子をゆったりと配した食堂は、快適な自習空間でもあります。何より寮生の合格を確実にするための設計がなされています。

●18:30〜21:30は、エンドレス講座等の選択授業に出る日は、再登塾となります。

6:45〜7:30 点呼・朝食

《朝食メニュー洋食例》
ハムエッグ・付け合せ生野菜・フルーツヨーグルト・
パン・オレンジジュース・コーンポタージュ

《朝食メニュー和食例》
鮭塩焼き・筑前煮・ブロッコリーのサラダ・御飯・
味噌汁・香物

8:30〜17:00 HR・授業・自習

基本テストや授業、ホームルーム自習などにしっかりと取り組みます。

17:00〜19:30 夕食・入浴・洗濯等

おいしいと評判の食事タイム。
夜の必修自習や本校に再登塾してのエンドレス講座等の受講に備えます。

《夕食のメニュー例》
チキンのトマト煮・付け合せマカロニ・ブロッコリー・
帆立フライ・グリーンサラダ添え・フルーツ・
コーンスープ・御飯

23:45 消灯

携帯電話は消灯前に寮監が預かります。
しっかりと睡眠をとり、明日に備えます。

寮選びのチェックポイント

  • 直営寮ですか、委託寮ですか?

    直営寮とは、予備校自ら管理・運営している寮のことです。委託寮は管理・運営を予備校が契約している会社が行うため、生活面に関しては予備校はノータッチになりがちです。
    壺溪塾の「梁山泊寮」「京町女子寮」は直営寮のため、生活面のケアが行き届き安心です。

  • 食事はどのようになっていますか?

    寮生にとっての最大の楽しみが食事。壺溪塾の寮は「梁山泊寮」「京町女子寮」共に、すべて専任の職員の手作りにて提供されます。少人数の寮なので、家庭料理のように温かいものは温かく、冷たいものは冷たくいただけます。しかも、「壺溪塾の寮の御飯はとてもおいしい」と評判です。

  • 寮での学習はどこでするのですか?

    予備校のなかには、各自の部屋で学習するところが多く、自習室があっても監督がいない、自習室への出入りが自由にできるなど、集中して学習できる環境ではない場合もあります。壺溪塾の直営寮は男子、女子共に寮監の監督の下、必修自習が行われるため、やる気も増して集中できる環境です。

直営寮 寮費

◎各料金には消費税が含まれます。 ◎寮費は入寮日より2月末日までの分です。
◎寮費に含まれるもの……室料、備品利用費、食費(朝夕2食)
◎個室で使用する電気代は別途負担となります。

寮生からのメッセージ

大村 亮太さん

私は一年間壺溪塾の寮に入っていましたが、寮は塾から近く、きちんとした生活リズムを保つことができました。授業などがない日や夜自習を寮生全員で取り組むことで、常にモチベーションを高く保つことができ、良い雰囲気の中で集中して勉強することができました。私は英語があまり得意ではなかったので、夕方や夜の自習で壺溪のテキストの問題を完璧に答えられるように何度も解き直しを行い、結果的に英語で高得点をとれるようになりました。そして寮の皆と壺溪塾ならではの行事にも参加しました。行事には、バレーボール大会や藤崎宮例大祭がありましたが、どちらも勉強の息抜きができるとともに寮生以外でも切磋琢磨し合える友人が得られ、有意義でした。さらに壺溪塾は、医学部ミニゼミや面接対策も手厚く、万全な状態で試験を受けることができました。

宮石 彩加さん

壺溪塾での寮生活と先生との距離の近さが私を合格へと後押ししてくれました。私が壺溪塾を選んだ理由は、先生と生徒の距離の近さを春の説明会等で事前に感じることができていたからでした。また、予備校を選ぶ際に特に重視したのは上辺だけの知識ではなく物事の本質と受験を勝ち抜くために必要なテクニックを教えてもらえる授業、そして気軽に質問に行ける環境があるかどうかでした。実際に授業を受けてみて、自分では解決できずもやもやしていた箇所への解説が授業中ピンポイントであったり、本質を見抜く授業で理解が深まったりと期待通りの受験生活でした。さらにもう一つ、自己管理能力に不安を感じていたので寮生活を選んだことも合格の要因でした。寮では必修自習時間が豊富に設けられているので、授業を受けるだけの一方的な学習で済ませることなく復習する時間を充分に確保することで学習したことをしっかり身につけることができました。そして優しい寮母さんたちに時には相談に乗ってもらいながら精神的にもとても支えていただきました。

◎詳しくは、壺溪塾2017年パンフレットをご参照ください

  • 梁山泊寮
  • 京町女子寮
096-352-1442
資料請求
pagetop