日本で二番目に生まれた伝統と実績のある予備校  優れた講師と担任によるきめ細かな対面指導の塾

歴史と伝統

TOP > 歴史と伝統!

歴史と伝統!

壺溪塾が誕生したのは、昭和5年です。場所は、熊本市の「内坪井」地区。熊本城の東隣に位置し、元々は武家屋敷が並んでいた所です。今は、すぐ傍に夏目漱石内坪井旧居や横井小楠生誕地もあり、緑多く落ち着いて勉強できる環境です。塾生にアンケート調査を行なうと「壺溪塾は気風が良い」という感想が寄せられます。
初代塾長の木庭徳治は禅を組む人で、その木庭の雅号が「壺溪」だったところからこの名が付きました。壺溪塾では、設立当初から伝わる「静坐」の他に体育や茶道など様々な取り組みを行なっています。
秋になると藤崎宮大祭の先頭行列を務めるのも壺溪塾生。気風の良い塾で浪人しなければできなかった様々な体験を積み、塾生たちは学力だけでなく人間力を磨いて卒塾していく、そんな伝統が今に受け継がれています。

pagetop