「くまもとの子どもの笑顔を作りたい。」熊本県・熊本市教員採用試験対策予備校壺溪塾

二次試験対策

TOP > 二次試験対策

壺溪の二次試験対策

壺溪塾の二次試験対策は、過去に県内高等学校、小中学校、特別支援学校の校長経験者を中心に行っています。
採用試験の面接官を長年務められた先生も多数おり、採用する側の視点から指導します。
採用試験を知り尽くし、経験豊富な講師がこれだけ揃った教員採用試験対策予備校は壺溪塾のみ!
皆さんをきめ細かく指導し、最終合格レベルへと引き上げます。

4ヶ月かけて徹底対策

文章力養成ゼミ
論述、論文を書くことが苦手、自分が言いたいことを文章にすることが苦手という方のために、壺溪塾では文章を書く力を身に付ける「文章力養成ゼミ」を開設。まずは書くことへの抵抗感、苦手意識をなくし、語彙力、表現力、論理性の向上を目指します。
※全日コースにて実施。
論述・論文対策個別指導
熊本県の論述試験は全国唯一の専門記述式です。熊本市は800字の論文で、とても対策しづらい試験です。壺溪塾では、作成された論述・論文に赤で添削をするオーソドックスな指導ではなく、各科目の専門の講師が、添削後マンツーマンで一人一人徹底指導します。個別指導だから質問も可能です。あなたが書いた論述・論文を前に講師と二人で分かるまで質疑すれば、指導を受けるたびにあなたの論述が素晴らしいものへと生まれ変わります。これで合格ラインを超えること間違いありません。
熊本県面接前調査票・熊本市面接カード個別添削指導
二次試験の得点の半分以上を占める個人面接。合格への鍵は面接前調査票(面接カード)の出来不出来です。面接試験合格の7割がこれで決まると言っても過言ではありません。壺溪塾では4月からまず書き方についてレクチャー後、それぞれ作成・提出します。一つ一つ添削をし、約3か月をかけてじっくりと作り上げていきます。面接前調査票(面接カード)はQ&Aではありません。いかに自分自身をプレゼンテーションするかがポイントとなります。面接突破メソッドを余すところなく伝授していきます。
個人面接対策
完成した面接前調査票(面接カード)を基に、経験豊富な講師陣が本番形式で実践的な指導を行います。受け答えの仕方のみならず、教師として持っておくべき考え方、面接でよく質問される場面指導についてなど徹底的に指導します。22名もの校長経験者が自分の経験も踏まえた的確なアドバイスに「目から鱗が落ちた」と多くの塾生が感嘆します。
熊本市個人面接対策
熊本市では、2度の個人面接をされます。1回目は課題が与えられ、自分の意見に対し面接官2名と掘り下げていくという形式です。簡単に言うと集団討論を受験生1名と面接官2名で行うような形。壺溪塾では、予想課題を基にディスカッション形式とレクチャー形式を織り交ぜながらそれぞれの知識、意見を深めていきます。
模擬授業対策ゼミ
出題形式が変わり、県・市ともに授業をどう組み立てていくか重要になった模擬授業です。壺溪塾ではグループで対策に取り組みます。課題を与え、グループで指導案を作り、模擬授業を組み立てていき、出来上がった授業を模擬授業演習で発表します。講師からの指導を基にさらに授業を練り上げていきます。
チームで試行錯誤し、チームで作り上げる、「チームKOKEI」の醍醐味です。
※全日小学校コースで実施
模擬授業演習
模擬授業対策ゼミで作った授業を経験豊富な壺溪塾講師の目の前で演習します。自分たちでは気づかない細かい部分までも指摘、指導していきます。学習指導要領のどこに着目して授業をすればよいのか?どんな発問をし、どんな表情で授業すればよいのか?教育実習や講師の経験だけでは身に付けられなかった授業のノウハウを余すところなく伝授します。
体育実技対策(小学校)
体育実技指導を行うのは壺溪塾だけです。器械体操が専門の工木先生の手にかかれば、跳び箱が苦手な方もすぐに跳べるようになります。塾生が「マジックです」と称賛する先生です。
※熊本県・市一次試験合格者を対象に実施します。
ピアノ実技対策(小学校)(小学校)
熊本県は試験実施要項で発表された3曲の中から当日試験官から1曲を指定され、熊本市は実施要項で発表された1曲を弾きます。壺溪塾では音楽の青山先生が、5月の実施要項配布と同時に「上級者用」「中級者用」「初級者用」の3パターンの楽譜を用意し、苦手な塾生には徹底的に指導してくれます。全く弾けなかった塾生が最終合格してしまうほどです。これまたマジックと言わずにいられません。
※熊本県・市一次試験合格者を対象に実施します。
pagetop