「くまもとの子どもの笑顔を作りたい。」熊本県・熊本市教員採用試験対策予備校壺溪塾

TOP > 教員採用コースの特色

熊本県・熊本市教員採用試験対策講座 地元ならではの熊本県・熊本市採用試験に特化した充実のカリキュラム

Special feature 合格を確実にする8つの特色

壺溪塾が誇れるもの、講師力。
やる気と熱意を持って動けば、壺溪塾がそれに応えます。
持ってくるものはふたつだけ、やる気と熱意です。

ターゲットはただ一つ。熊本県・熊本市教採合格。

熊本の予備校だからこそ、熊本で長年経験を積んだ講師が、熊本の試験傾向を分析・反映させたテキストを作成し、熊本県・熊本市教員採用試験に合格できる授業を展開できるのです。熊本の教育のために一緒になって頑張りたい。これが1930年からの長い年月を歩ませて頂いた壺溪塾からの恩返しでもあるのです。

目標は得点率9割。

講師が教壇に立ち、生徒が授業を聴く。壺溪塾にあるのはそんなオーソドックスな授業のみではありません。小学校音楽ではリコーダーを奏で、歌唱共通教材を歌い、家庭科では実際に巾着を作り、体で覚える。教職科目は2,500問からなる「エンドレス」で徹底的に習得。チェックテストで週ごとに達成度を確認。ワークショップではチームで協力して実力アップを図る。様々なアプローチから対策することで高得点での合格を目指します。

「シューイチ!チェックテスト」で達成度を確認。

週1回、本試験レベルの問題を解くことで、日々の勉強の成果のチェックや合格ラインまでの到達度を具体的に確認することが出来ます。毎週の確認で合格へのPDCAをしっかりと行ってください。

単に試験に合格するだけではなく、高い知性と美しい人間像の完成を目指す。

壺溪塾の教育理念です。壺溪塾の講師陣は、殆どが熊本県の教育界で活躍した方ばかり。熊本県の教育界のために授業中、教員として働くために大切なことなど現場の経験を交えながら話してくれます。2次試験対策においても、教師という仕事に正面から向き合い、立派な教師になるために何が必要かをしっかりと考えていきます。

朝7時から21時30分まで利用できる
教員採用コース塾生専用自習室

壺溪塾教員採用コース専用自習室は年中無休。朝7時から21時30分まで(日・祝日・大学受験科休講日は17時30分まで)利用できます。教員コースの書棚には、教員採用試験の雑誌や過去問題集、熊本県内で使われている小中学校の教科書が並んでおり、常時閲覧・貸出可能。教員採用コース専用自習室なので同じ志を持つ仲間だけの、静かな空間で鉛筆を走らせる音だけが響き渡っています。

 

「Team KOKEIJUKU」真剣でありながらアットホームな雰囲気

長年、受験指導に携わってきた壺溪塾だからこそ、真剣に取り組む雰囲気と常にやる気を継続させる環境があります。「全員で合格したい」という思いから、塾生「個々の戦い」ではなく「全員で勝つ」そんなアットホームな雰囲気を持ち合わせているのです。「Team KOKEIJUKU」。塾生が名付けた壺溪塾教員採用コースの愛称。毎年2次試験対策期間には、教諭として活躍するたくさんの卒塾生が指導に駆けつけてくれます。世代の垣根を超えたまさに「Team」なのです!

”塾生の声に耳を傾けること”が壺溪塾のポリシー。

塾生が主役の壺溪塾。常に塾生の声に耳を傾けることが一番と考えています。要望、提案、不満、どんなことでも声を上げて下さい。塾生の為になり、必要なことであればすぐに導入が決まります。そんな機動力を持ち合わせている壺溪塾。「WEBフォロー」も塾生の要望から取り入れたもの。今日の壺溪塾より進化した明日でありたい。これが壺溪塾のポリシーなのです。

欠席時も安心。WEBフォロー。

「仕事、病気…。授業を欠席しなければならない。」「一流の講師陣。あの授業をもう一度観たい。」そんな要望に壺溪塾が応えます。「自宅、学校…。好きな時間に好きな場所で。」ブロードバンド環境さえあれば、24時間、どこででも映像教材では無い、壺溪塾の授業をそのまま視聴出来ます。
※次の科目・対策は提供の対象となりません。中高国語・英語・数学の専門科目、養護教諭・特別支援専門科目、人物試験・模擬授業・論述個別指導等の二次試験対策。申込みの際には、受講契約書への記入・捺印が必要です。

時間の有効活用。それが成功への近道

壺溪塾の10月から8月までのコーススケジュール。
じっくり時間をかけて基礎から習得するコースから、短期間でマスターする
実践コースなど様々なコースを展開。

1月スタート生

教養試験の数学・理科・国語・社会(歴史)、教職教養を中心に基礎を完成させます。この時期に教養試験の主要科目を得意科目にしていきます。専門科目は、本試験レベルの演習へ移る為の基盤づくりをじっくりと行います。

4月スタート生

教職科目、専門科目と共に基礎から徹底的に知識を習得していきます。4月からの本試験レベルの演習へ移るための基盤づくりをじっくりと行います。また、月に一度達成度チェックを実施。自らの習得度と合格への到達度をチェックしていきます。

7月中旬 熊本県・熊本市教員採用1次考査 8月上旬 熊本県・熊本市1次考査合格発表 8月下旬 熊本県・熊本市教員採用2次考査

基礎力完成・応用力養成期

実践力養成期・2次考査基礎力養成期

2次考査の位置づけ、各試験の意味合い、対策方法を把握した後、「面接前調査票」の完成、個別指導による論述技術の基礎力定着、模擬授業・集団討論の演習を行う。

2次考査実践力養成期

壺溪塾の2次実践力養成期間は、1次考査の次の日から始まる。1次発表があってからなんて悠長なことは言ってられない。この期間では、皆さんの良さをアピールする方法や話し方、話の聴き方などをマスターするとともに、集団討論や模擬授業の演習を繰り返し行う。論述対策についても引き続き個別指導により実践力を付けていく。

2次考査実践力完成期

塾生に加えて外部の一次考査合格者を交えた本番形式の「交流戦」を実施。これまで仲間内だけで行っていた対策とは異なる為、本番さながらの緊張感が漂う。一次発表から約2週間の熱く、過酷な戦い。「精神的にも肉体的にも一番鍛えられたからこそ、本番を乗り越えられた」との感想を殆どの塾生が漏らす。

pagetop